鉄やじゃがいもでアレルギーにおすすめのザイザル

金属アレルギーは、鉄などの金属が原因によるアレルギーのことで、ネックレスやピアスなどが、皮膚に接触する部分に症状が起こるので、かゆくなったり、腫れたりします。
金属から溶け出した金属イオンが、人間のタンパク質と結びつき、アレルゲンとなるタンパク質に変わるため、金属に接している皮膚にかゆみなどのアレルギー反応が起こるのです。
アクセサリー以外にも、歯科用金属の使用に問題があると考えられていて、アレルゲンとなった金属イオンが血液によって全身に運ばれると、全身に皮膚炎の症状が出る場合もあります。
口内炎や舌炎なども起こるので、鉄などに金属アレルギーを持つ方は出来るだけ触らないようにし、もしアレルギー症状が起きた場合は、ザイザルなどの抗ヒスタミン薬で対処するようにしてください。
ザイザルは鉄などの金属アレルギーに効果がある薬なので、病院で処方してもらったり、個人輸入代行通販で取り寄せるとよいでしょう。

5大アレルゲンといえば、卵、牛乳、小麦、米、大豆になりますが、それ以外の食品を食べても、蕁麻疹が出来たり、皮膚が腫れるなどのアレルギー反応を起こしたような症状が出ることがあります。
じゃがいももそのひとつで、他にも山芋や里芋、かぼちゃ、ニンジン、ほうれん草、なす、きのこ、鮭、バナナ、柑橘類などが知られています。
これらは仮性アレルゲンと呼ばれているもので、じゃがいもなどの食物自体にヒスタミンやヒスタミン様物質、セロトニンなどの化学伝達物質を含んでいるので、これが原因でアレルギー症状が起きるようです。
じゃがいもなどの食品アレルギーに対しても、金属アレルギーと同じようにザイザルが効くので、蕁麻疹が出来てかゆくなったら、服用するようにしましょう。