ペニシリンアレルギーにザイザルと目薬で花粉症対策

人間には免疫機能が備わっていますから、外から侵入した異物が、細胞に害を及ぼすことがわかれば、それを排除しようとします。
しかしこの免疫機能が過度に反応し、それがひどくなると、花粉症などの有害な症状を起こすため、さまざまなアレルギー症状が起こります。
原因となる物質であるアレルゲンは花粉や食品、ダニ、ペットの毛など、人によって違いますが、中にはペニシリンのような薬もアレルギーの原因となりえるので注意が必要です。
ペニシリンは感染症に効果の高い、魔法の薬とも称されていますが、人によってはアレルゲンとなり、体内に入ると、蕁麻疹がでたり、皮膚や目がかゆくなったりします。
肝障害や気管支ぜんそく、血液障害を起こすこともありますし、最悪の場合はアナフィラキシー・ショックを起こして、そのまま亡くなってしまうこともあります。
ペニシリンは鎮痛剤などの他の薬の中でもアレルギーを起こしやすいので、具合が悪くなったらすぐに病院へ行くようにしましょう。

アレルギーを発症すると、目がかゆくなったり、充血したりするので、目薬でケアしている方は少なくありません。
花粉症対策用の目薬も多数販売されているので、辛い目の症状を和らげたいときは、積極的に使うようにしたいですね。
花粉症などのアレルギー症状に効果のある薬といえばザイザルなので、目薬だけでは症状が治まらない方は、この薬も併用するとよいでしょう。
ザイザルは病院で処方してもらえますが、わざわざ行くのが面倒なら、個人輸入代行通販に注文すれば手に入ります。
第二世代抗ヒスタミン薬なので、ザイザルは眠気が少ないのが特徴ですが、人によっては眠くなることもあるので、まずは試してみて、合わない場合は別の薬を使いましょう。