アレルギー性鼻炎の症状と治療法

アレルギー性鼻炎とは発作性のくしゃみ、鼻水、鼻づまりの3つを主症状とするアレルギー疾患です。アレルギー性鼻炎は花粉が原因によって引き起こされる季節性アレルギー性鼻炎、いわゆる花粉症と呼ばれているものと、ハウスダストなどが原因によって引き起こされる通年性アレルギー性鼻炎の2つのタイプに分類されています。季節性と通年性に分類されているのはその症状の現れ方に違いがあるためですが、基本的に季節性では花粉症が代表的ですが毎年同じような季節に症状が現れ、通年性では季節を問わず症状が現れます。

アレルギー性鼻炎の原因は?

アレルギー性鼻炎を引き起こす主な原因としては、抗原抗体反応が挙げられます。そのメカニズムについてですが、花粉やハウスダストなどの抗原が鼻の粘膜に付着するとIgE抗体という物質が生成されます。IgE抗体はアレルギーを引き起こす因子となる肥満細胞などと結合します。すると再度、花粉やハウスダストなどの抗原が侵入することによって肥満細胞などから抗原抗体反応として、ヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出されます。そしてこのアレルギー誘発物質であるヒスタミンがヒスタミン受容体と結合することによって種々のアレルギー症状が引き起こされることになります。

アレルギー性鼻炎の症状を詳しく解説

上記をふまえて、アレルギー性鼻炎の主症状の発生機序についてもう少し具体的に挙げますと、ヒスタミンなどのアレルギー誘発物質がヒスタミン受容体と結合すると、血管や知覚神経に作用していきます。血管に作用すると血管拡張を促し鼻づまりを誘発します。一方、知覚神経に作用するとその刺激が中枢を経由して迷走神経を刺激してくしゃみを誘発します。また神経への刺激は鼻の粘膜に作用して鼻水も誘発します。この他の症状として目のかゆみなどが誘発されたりします。

アレルギー性鼻炎は他のアレルギー性疾患と同じように症状の緩和や改善を目的とした治療を行うことが重要になります。治療法には幾つかの方法がありますが、まず現れている症状を緩和することに重点が置かれる場合が少なくないことから、対症療法として経口抗ヒスタミン薬による治療が中心的な治療法として選択されることがあります。

アレルギー性鼻炎の薬はどういうのがあるの?

上記でも挙げましたが、アレルギー性鼻炎症状の緩和や改善目的の治療法として経口抗ヒスタミン薬が選択されることがあり、例えば経口抗ヒスタミン薬として第2世代抗ヒスタミン薬であるジルテックが使われることがあります。

ジルテックはセチリジン塩酸塩を成分とした薬です。このセチリジン塩酸塩はアレルギー反応を抑制する作用を持つ化合物であり、具体的にはアレルギー誘発物質であるヒスタミンがヒスタミン受容体に結合することを阻害することによってアレルギー症状を引き起こしにくくする作用があります。このセチリジン塩酸塩を成分としたジルテックの特徴として、ヒスタミン受容体に対する選択性が高いため副作用が極めて少なく、また血液脳関門を通過しにくいことから眠気も起こりにくいため、アレルギー疾患の治療薬として用いられることが多い薬となっています。

このようにアレルギー性鼻炎の症状緩和や改善を目的とした治療法のひとつとして経口抗ヒスタミン薬であるジルテックを例に挙げましたが、こうした抗ヒスタミン薬を用いることは有用である可能性があります。その他にもアレルギー性鼻炎に対する治療薬には、点鼻による抗ヒスタミン薬やステロイド薬、血管収縮薬、抗コリン薬などさまざまな種類があり、症状に合わせて適宜選択されていくことになります。

アレルギー性鼻炎の症状の緩和や改善を図っていくためには、これらの治療法と併行して予防の観点を含めた対策を同時に行っていくことも重要であるといえます。例えば、アレルギーの原因となるハウスダストや花粉をできるだけ除去することを目的として、定期的な室内の掃除や室内の湿度、温度の管理、敷物や寝具のチェックなどがあります。これらを治療と併行して行っていくことで、アレルギー性鼻炎症状の改善や予防効果が高められる可能性があります。